スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

最期の始まり

その日は、冬の寒さが厳しくも、よく晴れた日だった。
珍しく朝に目覚め、陽光を浴びながら、色彩の薄い庭を眺める。
今日は何かあったかな、と考えているうちに一つ、咳払いをした。
それまで、何一つ予感は無かった。
だからこそ、風月は袖と唇を塗らした鮮血に、久方の驚愕を憶え。
そこから連続する激しい咳と、急激に失せる血の気に、意識を絶やした。



酷く懐かしい 感覚
また味わう 事に
今 か
今なの か



次に目覚めた時、昼を少し下っていた。
朝の日差しが嘘のように鼠色の雲が覆い、雪が降り出しそうに重い気圧が降りていた。
傍らには従者。
「小雑賀、か」
風月は名を呼び、従者は意識の回復した主を見つめる。
「若様、身体は如何ですか」
「真綿に包まれたようだ。何もかもが気怠い」
「血の気が足りないのでしょう。随分と吐かれたようですから」
そう、か。そうだろうか?
何もかもが澄んで美しく見える。
布団から出した己の腕が、己の物ではないようだ。
自分が、自分でなくなっていくこの感覚。

嗚呼、来たのか。
「小雑賀」
今、此処で。
「私はもうすぐ死ぬ」
永代の別れが、来る。



寿命百余年の、九尾の一族。
それが三百年、冥府で佇み続けた。
肉体は蘇った物としても、魂に三百年の重みが確実に降り掛かる。
朽ち掛けた魂は、崩れる。
崩れた物は、戻らない。


最期の一欠けらが、今、塵になろうとしている。

スポンサーサイト

2010.01.04 | | Comments(0) | Trackback(0) | 未分類

真白

美しけれ 美しけれ
常闇見下ろせし 三日月が瞳よ
黒に塗れしその世界 さあ彷徨い見せよ
美しけれ 美しけれ
常闇の人



雪が降っている。
灰色の雲海が空を低く閉ざして、陽気は遥か彼方。
獣達の気配少なく、鼻腔を冷気が閉ざす。
旧き暦に照らせば、冬の本格的な始まりが来た。

山の奥。
神々も居ない程、古よりの場所。
ひとり、白い世界に佇む。
気配、言霊、何一つ感じない此処で。
少しずつ、自分が剥がれ落ちていく。
冷えていく身体と心が、囲む空気と均質化されて。
真っ白な視界に、どこまでも、どこまでも曖昧になっていく。

殺す事も、殺される事も。
傷つく事も、傷つけられる事も。
思う事も、思われる事も。
此処には無い。
全てが白く、曖昧で。
何物にも染まらず、染められていく。

ゆっくりと消えていく、熱という命の灯。
抱かれるように、思考を緩やかに、眠気を誘うように。
まだ、こうしていたい。
曖昧な中に、甘えていたい。
身体の芯まで白く、冷たく染められて。
まだ、白く積もっていく。

2009.12.19 | | Comments(0) | Trackback(0) | 未分類

懺悔

後悔、とも言う。


長い、長い沈黙。
傷つけ、傷つき、堪える事も忘れ、かなぐり捨てた。
軽くなった、心の代償が、重い。


気づけば、もう半年以上経った。
彼女を傷つけた。
彼を裏切った。
全てが怖くなって、捨てた。
私は弱い。
とても、弱い。


この半年は、穏やかでありながら空虚だった。
私は…私は、結局、雑踏の中でしか生きられない。
人と関わり、交わり、闇と光を彷徨うように。
終着点の無い、心の中を旅するように。


随分と道を外れた。
淀んだものは、零れてしまった。


私は、まだ、戻れるだろうか?
彼女に再び、近づけるだろうか。
彼と再び、笑い会えるだろうか。

2009.11.06 | | Comments(0) | Trackback(0) | 未分類

本格的な夏の訪れを感じ、筆を幾つか取る。
継続しないために相変わらず下手なままだが、趣味だからという事で納得する。
完成すればいいのだが…。


【“”の続きを読む】

2009.07.22 | | Comments(0) | Trackback(0) | 未分類

表紙があれば、裏表紙がある。
読み始めれば読み終わりがある。
人の生は一冊の本のようである。
最初から書かれているのか、それとも白紙に己で書き進んでいくのかは、それぞれの感性によるものだろう。

しかし、いずれにしても本である限り、終わりは来る。
読者は必ず末尾に到達し、読後感という朝焼けのような虚しさを得るのだ。
物語と別れる事の寂しさ。
転じれば、その生き様と別れる事の寂しさとなるだろうか。


引き篭もり、雨音だけを耳に入れて過ごしていると。
懐かしい顔ばかりを思い出す。
幾つもの本を読み、終えて、心に刻んできたものだと思う。
最早会う事叶わぬ物語に、今は夕暮れの寂しさを感じる。


どんな物語にも結末がある。
此処にある本にも、それは必ず。

2009.07.03 | | Comments(0) | Trackback(0) | 未分類

«  | HOME |  »

今日の誕生日は誰?

星が見える名言集100

検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。